当会の紹介

【概要】

代表写真

 北区手をつなぐ親愛の会は、東京都手をつなぐ親の会(法人名:(社福)東京都手をつなぐ育成会)の支部組織として、北区在住の皆様との窓口機能を担いつつ、発達に課題のある人一人ひとりの権利擁護と社会参加の支援、必要とされる居住の場やサービスに関する社会資源の整備、地域社会への貢献などを通じて、すべての人が安心して暮らせる「共生社会」の実現を目指しています。

 このため当会は、発達に課題のある子どもの保護者等を会員とし、子どもたちのための教育の充実、福祉の増進・発展を促進するため、社会への啓発、福祉関係機関との連携のほか、会員の研修、相談、親睦のための活動を行っています。





【沿革】

1950年(昭和25年)
  発達に課題のある子どもの「3人の母親たち」が手をつなぐ親の運動を開始。同運動はその後、全国各地に展開。

1953年(昭和28年)
  「北区手をつなぐ親の会」が発足。初代会長は、当時の北区長・高木惣市氏。

1971年(昭和46年)
  王子養護学校の生徒の会として、「北区愛の会」が発足。

1974年(昭和49年)
  愛の会作業所を王子東児童館の一室にて開所(後に、愛の会・第二福祉作業所に名称変更)。

1981年(昭和56年)
  北区手をつなぐ親の会・豊島作業所を開設(後に、あすか作業所に名称変更)。

1984年(昭和59年)
  愛の会・十条作業所を開設(後に、愛の会・第一福祉作業所に名称変更)。

1990年(平成2年)
  北区手をつなぐ親の会・あすか第二作業所を開設。

2001年(平成13年)
  北区手をつなぐ親の会・あすか第三作業所を開設。

2007年(平成19年)
  各作業所の運営法人として、「NPO法人・尚道手をつなぐ会」を設立。

2012年(平成24年)
  「北区手をつなぐ親の会」と「北区愛の会」が合併し、現在の「北区手をつなぐ親愛の会」が発足。各作業所は、一体として「たいよう事業所」と名称変更。


【役員】

(会 長) 大岩 和美
(副会長) 瀬尾多津子
(その他) 横山、有賀、戸川、石井、形岡、緒方


【連絡先】

(所在地) 〒114-0003 東京都北区豊島5-3-35 (たいよう事業所内)
(電 話) 03-3927-0348
(メール) info[at]oyanokai-kita.com   (注)[at]を @ に置き換えて送信願います。